農から学ぶ!人間関係の善し悪し

野菜の栽培で

違う種類の植物を一緒に植えることで

互いの成長によい影響を与える

コンパニオンプランツという育て方があります。

つまり相性がいいってことですね(^^)

一緒に植えることで

生長を促進したり

病気を予防したり

害虫を防いだり

必要な養分を供給したり

収穫量が増したり

風味や芳香を良くしたり

空間を有効利用したり

さまざまな良い効果を生み出すそうです!

互いに協力し合って育つので

共生植物って呼ばれています。

相性のいい組合せはいろいろあります。

例えば

トマトとねぎ!!

ネギの根に共生する拮抗菌が

「青枯病」「立枯病」の病原菌を抑えて

トマトを病気にならないよう守ってくれます。

なので、一緒に植えるときに

根が絡み合うように近づけて植えます。




つまり、密着です!

人間でいえばスキンシップですね(^^)

赤ちゃんが母乳を飲むのは

お母さんに密着して養分を吸い取っている姿だし

スキンシップは安心や安全の欲求を満たす

幼児期の愛着形成に大切なところです。

愛情たっぷりですくすく育つのは

人間も植物も同じですね(^^)/

ほかに、

里芋と生姜は隣同士に植えます。

里芋も生姜も、どちらも水分を好む似た者同士!

それに、

里芋は大きな葉っぱが生い茂り、足元が日陰になり、

生姜は多湿で日陰を好むので、

相反する凸凹がちょうどいい関係です。




本来、野菜は光合成で栄養をつくり出すので

葉っぱが太陽光に当たるように

葉が重なり合わないように間隔をあけて植え付けます。

でも、生姜は里芋の葉の下の日陰で育つので

スペースの有効利用ができるということです。

人間関係も似た者同士より

互いに意見や価値観の違う人たちと交流することで

自己成長するともいわれます。

それに、親しき仲にも礼儀あり!

ということわざもありますが、

距離感が大事ともいわれますね!

どちらも成長するいい距離感!

心の距離

体の距離

植物もいろいろな組み合わせがあるように

人間も家庭や職場

年齢や性別

いろいろな組み合わせで

コンパニオンプランツがあっていいと思います。

反対に、植物にも

相性の悪い組合せもあります。

大根はネギの出す成分を嫌って避けるようになり

曲がったり二股になったりするそうです。

ナスとトウモロコシは、どちらも日光を好むので

背丈の高いトウモロコシの近くでは

ナスは生育が悪くなるとか、、

似た者同士でも距離感が大切ですね(^^)

植物にも相性の善し悪しの組合せはたくさんあります。

その理由や対策もあります。

人間関係の善し悪しも同じです。

家庭や地域や職場で

相性の善し悪しをうまくコントロールして

互いに共生できればいいですね(^^)/


そうそう、

お花のマリーゴールドは殺虫効果があるので

害虫を抑制することから畑の周りに植えています。




素朴に咲いていて

橙や黄色の明るい色の花が元気をくれて

秘かに害虫をやっつけてくれている、、

そんな存在になれたらいいですね(^^)/



0回の閲覧

Follow:

日本大阪府大阪市

Fax : 06-7164-2050

Tel : 090-4909-4163

© 2017 カラーココロジー研究所