色にでる!絵にでる!夢にでる!息子の心の叫び!

自分の息子で実体験した色彩心理カウンセリングの話です。


息子が中学校に入学し、新しい環境に意気揚々としていた。

担任の先生との相性もよく、楽しい中学校生活が始まった。

いろいろなことに興味が湧き、男女問わず友達も増えた。

担任の先生の影響から、自分も学校の先生になりたい!

そんな夢も語るようになり、なんの心配もない一年が過ぎた。


中学2年になり、担任の先生が変わった。

これまでの元気さがなくなり、口数が減ってきた。

「どうしたん?」と聞いても、「担任が嫌や!」しか言わない。


新年度はじめの家庭訪問で、担任の先生が我が家にやってきた。

体育会系でガッっと上から物言うタイプの先生。


うちの息子は、その反対で線の細いタイプ・・・(その頃は)


先生からすると、ひ弱で頼りない生徒だったのでしょう。

体育の柔道の時間にボコボコにされたみたいです。

先生としては、正面からぶつかって、鍛えてやろうと思ったのでしょう。

しかし、そのやり方に、息子はついていけなかったのです。


玄関口に座り込んで、先生が息子に聞きます。

先生「なにか自信もってできることないんか?!」

息子「書道は七段です!」

先生「おまえの字で七段やったら、俺は百段やなあ、、ハッハッハッ!」

息子「・・・・・凹」

先生「お母さん、こいつの精神もっと鍛えてください!!」

こんな会話を交わしたことが記憶に残っています。


こんな先生もいるのだと、

返す言葉もなく沈黙していた私です。

この先生から我が子をどうして守ってやろうか?

今は「忍」の一字しかない!と沈黙を貫いた。


精神を鍛えるために、夏休みには四国の歩き遍路に行った。

明るく無邪気に振舞う息子をみて、ひと安心もした。


一年我慢しろ!!3年になればまた担任が変わる!

そう言い聞かせ、3年の新学期を迎えた。


帰ってくるなり、玄関先で泣き崩れた。

「担任、持ち上がりやった!!」

「え~~!!」


それから息子の心は、凍りついてしまったのか?


朝起きて、毎朝いつものように学校へは行きます。

本当に行く・・・不登校ではない!


しかし、1学期のテストはすべて白紙で提出。


学期末の懇談会で、例の担任から言われた言葉。

先生「お母さん、こいつ行く高校ありませんから!」

私「わかりました。日本で行く高校なければ、海外で探します。」

きっと、この親にしてこの子ありやと思っていたでしょうね。


一日も休むことなく、遅刻することもなく、学校に行っていた息子。

まさか、先生だけでなくテストまでボイコットするなんて、、、

男の子だから、辛いことも口に出さず内に秘めていたんだ。

大丈夫だと思っていて、ゴメンね~


色彩心理カウンセリングで我が子の心を知る!

家に帰って、息子の心を知りたくて、

クレヨンと紙を出して、色を塗ってもらった。


紙一面が氷の壁!!

薄い透き通るような水色で大きな氷の岩が何枚も、

城壁のように積み上げられていて、

その真ん中に息子がいる。


(そのときの絵はないので、イメージしてください)


氷に閉ざされて身動きできない状態で凍っていると説明した。


そして、最近、同じ夢をみるって、、

クラスみんなで遊園地のジェットコースターに乗っている夢!



みんなは、安全な箱のなかに座っているけれど

僕だけ、最後尾の箱の外にしがみ付いている。

ジェットコースターが発車して、上下して飛ばされそうになって

落ちそうで怖くてハッと目が覚める。


いつも同じところで目が覚めると話するので、

今夜、同じ夢みたら、もう、しがみ付いていないで、手を離してごらん。

お母さんが下で絶対に受け止めてあげるから(^^) 安心して、、


その日から、もうジェットコースターの夢は見なくなったそうです。


何気ない顔で、学校に行って、ゲームして、ご飯食べて、寝る息子。

私たちも共稼ぎ夫婦。

子ども達の顔色で、今日はどうしたのかな?と思うことはあるけれど、

子どもは子どもの世界で解決すればいいと思っていた。


なにより、毎日が時間に追われ、ベルトコンベアに乗ったような生活。

そんな中で、子どものサインを感じてはいたが、

心の中がここまで凍りついていたことに、親失格と心痛めた。


ここからが、先生との対決!

そして、息子の人生かけた高校受験が始まるのです。


人に傷つけられて、つぶれてしまうこともあるけれど、

また、人に助けられて人生も変わる!


今、36歳になった息子と、この頃の話をすると

あのときはしんどかったね!

あの先生、今どうしてはるやろ? と今では笑って話しています。


色や絵や夢に、子どもだけでなく大人も、心のサインが出ているのは確かです。

早期発見!早期改善!できるよう、色彩心理のこと情報発信していきます。

0回の閲覧

Follow:

日本大阪府大阪市

Fax : 06-7164-2050

Tel : 090-4909-4163

© 2017 カラーココロジー研究所